神ちゃまが祝福した同性愛カップル ロンジン・マリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 400年の時を経て 今 明かされた ジャンマリー神父著 「33年」 忠州湖の光る水面

<<   作成日時 : 2016/01/23 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像説明 中央 ジャンマリー神父
「 33年 」  (C)箱舟の聖母社

− 400年の時を経て 今 明かされた
    シスト と カタリナ の 33年の闘いの真実 −

     祖国韓国の救いの為に、命を捧げた二人。 その直系の子孫に託された希望 …

     今、寺沢で続く聖母出現 ! 先祖シストとカタリナと 祖国韓国への愛を込めて

     渾身の力を込めて書いたシナリオ !






(C)箱舟の聖母社


忠州湖の光る水面

忠州湖の光る水面。長く伸びる岬が見える。
月岳山が見える。
麓に村がある。
今は1592年の6月。
村中の人々が、広場に集まっている。
月岳山の鉱山役人と通訳者、そして日本の武士の一団が来ている。
何のために来たのか。皆、心配と恐怖で凍りついたようになっている。
精錬の仕事の親方の名が呼ばれる。
日本に連行されるのだ。


ナレーション
「豊臣秀吉は、領土欲のけだものだけではなかった。金、銀への執着の化け物でもあった。この大悪魔は、先進精錬技術の技術者を求めた。」

親方の家族たちがすがり付いて泣き叫び始めた。
すぐ横に、若い夫婦が立っている。子どもはいないようだ。
十代半ばの妻の目から、たちまち同情の涙が次々にこぼれおちる。
二十歳を少しこえたくらいの若い夫は、目をつぶって何かを真剣に考え始めた。
ぱっと目をあけ、顔に決意をみなぎらせる。



「僕が親方の身代わりになって日本に行く」


大きな声がはっきりとひびく。
妻はびっくりして夫の顔を見つめる。目も口も大きく開けて。



「僕たちにはまだ子どもがいないよ。おまえ。」

この一言で妻は夫の考えを理解した。


「うん」

通訳がこれを武士達に伝えた。
鉱山役人が、彼は親方に劣らない優秀な技術者だと保証する。
武士達が相談する。結論は早く出た。技術が確かなら、
若い方がいいのだ。今後、長く働けるし、
日本語を直ぐに覚えられるだろうから。


武士の頭
「おまえ達だ。すぐに支度しろ。」


通訳が若い夫婦にこれを伝えた。



「おまえ、ついてきてくれるかい」


「うん。わたし、あなたを信じている。」


単純に自分を信じてくれる妻に、心から夫は言う。



「ありがとう」

武士達が待っているので夫が大急ぎで仕事場に行き、
たった一つ取ってきたのは鉄の鍋。
灰吹き法の「るつぼ」だ。
武士達は、若夫婦が途中で逃げ出さないように、腰に綱を結わえ付けた。
二人の顔は、真っ赤になる。何というはずかしめ。
犬のように歩かされて、生まれ育った村を村人全員の
目の前で連れ出されるとは。
夫は歯をくいしばり、妻の目からは、又、涙が落ちる。



テーマ曲が流れはじめる。





2008年4月23日 UP
著者 ジャン・マリー神父・ソーンブッシュ・リトルヨハネ
(C) 箱舟の聖母社



〒012−0106
秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
箱舟の聖母社

 電話・FAX: 0183−42−2762
 Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
 郵便振替 02260−0−91200

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
400年の時を経て 今 明かされた ジャンマリー神父著 「33年」 忠州湖の光る水面 神ちゃまが祝福した同性愛カップル ロンジン・マリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる